logo

GUATEMALA

グァテマラ ブエナビスタ農園

グァテマラ・アンティグアから新しい品種ビジャサルチが登場。甘みと酸味がキレイに重なる上品な味わいは秀逸です。

TASTING NOTES:
アールグレイ、マンダリンオレンジ、爽やかな酸と甘み

STORY

グアテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。この自然条件とグァテマラで最初にコーヒー栽培の始まった伝統から、アンティグアコーヒーは古くから最高品質コーヒーの代名詞でした。 現在、このアンティグアを代表するコーヒー生産者がルイス・ペドロ・セラヤ氏です。最新の農学に基づき、きれいに行き届いたシェードツリーの管理、単一品種ごとの栽培、収穫日ごとのマイクロロット管理によって、「アンティグア・コーヒー」のブランドを超えるコーヒーを提供してくれる生産者です。今回、彼が肝いりで紹介してくれたのは、このブエナビスタ農園です。ここでは標高1900mの斜面にコーヒーを新たに栽培しています。アンティグアの農園のほとんどは、盆地の底、標高1500〜1600mくらいにありますが、盆地を囲む山々は標高2000m以上あり、高い標高で今までのアンティグアコーヒーを超える新しいアンティグアを作り出そうというのが彼の狙いです。また品種もビジャサルチというコスタリカ生まれの品種を採用、ルイス・ペドロ氏の卓越した栽培技術と合わさり、「伝統あるアンティグア」に新しい1ページが加えられました。

グァテマラ ブエナビスタ農園

100g ¥700
200g ¥1320
 500g ¥2640

購入数
 
挽き方 
コーヒーの量